写経をしましょう!

 お経は漢字ばかりでよく分からない。。。聞いていても意味が分からない。。。

※ クリックで画像が大きくなります。

 お経は漢字ばかりでよく分からない。。。聞いていても意味が分からない。。。
写経とは、仏さまがお説きなられた経典です。衆生で悟りを開かれたのただ一人、お釈迦さま(仏さま)のみです。その悟りのお言葉を時代を超えた今、書き写す(写経)ことができることはとても有り難いことです。
 お経は聞くだけでも功徳があります。また、読経することでも功徳があります。そして、写経をすることは功徳は絶大であります。わたしたちも食事をするときは、栄養のあるものを摂ることで健康になります。同じように、お釈迦さまの教えを書写(写経)することで、心が清浄へと導かれていきます。

質問)どのようなお経を写すのですか?
答え)般若心経です。功徳満点のお経です。278文字と所願成就等を含め、約300文字程度です。

お写経の見本

質問)時間はどれくらい掛かるでしょうか?
答え)平均1時間ほどです。

質問)筆が苦手ですが大丈夫でしょうか?
答え)写経では下地に写っています字を写していきますので、大丈夫です。

質問)字は綺麗になるでしょうか?
答え)回数を重ね、皆さま上達されてます。

質問)心の浄化効果があると書いていますが、他にも効果はあるでしょうか?
答え)はい、脳の活性化にも効果があります。高齢の方にも人気があります。

質問)筆でないと駄目なんでしょうか?
答え)いえ、筆が一番適しているだけであり、ペンでも大丈夫です。お子さまは鉛筆でも写経していただいております。

質問)料金はいくらでしょうか?
答え)1,500円(送料込み:筆ペン一本付)です。

質問)無憂庵に取りに行ってもいいですか?
答え)はい、大丈夫です。直接ご来庵の際は、1,000円です。(筆ペン込み)
※お越しになる際は、法務に出てることもありますので、ご連絡くださいませ。

質問)写経した後はどうすればいいですか?
答え)無憂庵へ郵送していただければ大丈夫です。折って封筒に入れ、送っていただいて大丈夫です。当庵にて、裏打ち同様に平らに仕上げます。

質問)奉納後はどうなるのでしょうか?
答え)無憂庵のご本尊であります観世音菩薩さま(観音さま)へご報告し、高野山は奥の院へお届けいたします。

般若心経

 般若心経は数あるお経の中でもご存知の方が多いと思います。しかしながら、意味を理解されておられる方が非常に少ないのも事実です。般若心経は元々は大般若経という600巻(60億40万の言葉:漢語460万語)という膨大な経典をたった266文字(題目含むと278文字:真言宗では経頭に「仏説」が付きます。)に集約されたお経です。有名な西遊記にも登場する人物「玄奘三蔵(602年-664年)」という約1400年前に実在されました僧侶(三蔵法師)です。この三蔵法師(経・律・論に通達した高僧)が大般若経の「空」を中心に集約され般若心経を漢訳されました。では、空とはなんなのか?サンスクリット語でシューニャといいます。意味は「0」ゼロという意味です。まだ分かりにくいですね。人は煩悩というものを持ち合わせています。こればかりは消えるものではありません。お大師さん(空海)は、般若心経秘鍵ではこのように記しています。「般若心経は仏教の精要 密蔵の肝心なり このゆえに誦持講供すれば苦を抜き楽を与え 修習思惟すれば道を得 通を起す まことにこれ世間の闇を照らす明燈にして 生死の海を渡す船筏なり 深く讃仰し 至心に読誦し奉る」読んでも良し・書くのも良し、読経することでたちまちに善くなっていくことを伝えております。奈良の薬師寺の中興の祖 高田好胤元管主は「かたよらない心 こだわらない心 とらわれない心 ひろくひろくもっとひろく これが般若心経の空の心なり」と常に言っておられました。このように人は何かに執着や固定観念に惹きつけられる生き物でもあります。般若心経を日々唱えることで、皆さまに功徳がありますことをご祈願いたします。

合掌

阿倍野王子郵便局にてポスター

powered by crayon(クレヨン)