ごあいさつ

 真言宗では宗祖 弘法大師 空海(お大師さん)によって、1200年の法燈を繋がせていただいております。

 現世の寺院は葬式仏教などと呼称されることもしばしばです。寂しい時代になりました。しかし、その中でも多くの人々に仏教の良さをお伝えするべく日々東奔西走しております。かの仏教の開祖でありますお釈迦さまも対機説法(方便)をし、安心へと説法されておりました。

◉ 真言宗の根本教義は

 あの世で仏になるなら、生きてる間に仏になってみようではないか、そして衆生を救うために災いを除け、福を招くことの祈願をする護摩祈祷。

 お護摩では大日大聖不動明王(お不動さん)へ厄難消除してもらい、皆さまの願いをお届けしています。
 お坊さんといえば「煩悩・欲」を断つために修行を積んでいるように感じるお方は多いのではないでしょうか?わたしたち真言宗では欲は欲でも大欲をもちないさいとお教えいただいております。こういう風に聞くと「?」が浮かびますが、自己中心的な欲ではなく、他の人々を安心へ導くための欲を持つという意味です。他に徳を向けて、徳を回すことを仏教では「回向(えこう)」といいます。

 人の苦しみはどこから来るのかご存知ですか?「迷い」から苦しみは生じています。道に迷ったときにどちらに行けばいいか分からないときもあります。それは人生を歩んでいく中で、色々な問題に選択を迫られる日々の連続です。迷うということは暗闇に陥っていることであり、山で遭難したなら暗闇では前に進むこともどちらを目指していけばいいかもわかりません。また、この迷い暗闇のことを「無明」といいます。お大師さんの般若心経秘鍵の中に「世間の闇を照らす明燈にして...」と記してあります般若心経には仏力が含まれていることが分かります。

 生きている中で困難は付きものです。困難打破と暗闇を無憂(心配ごとがない)では灯火を照らし、皆さまの人生を豊かにしていくことを信念としております。

合掌

上記、私も回答僧です。お気軽にご相談ください。

  • 玄 関

  • お 堂

  • 護摩供

  • 傳法灌頂

  • 滝行

お問い合わせ

受付 09:00~17:00

メールは24時間 受け付けております。

アクセス

所在地 〒545-0021
大阪市阿倍野区阪南町3-41-17
駐車場 ナシ
(近隣コインPになります)
電話番号 06-7509-3806
供養 予約制

powered by crayon(クレヨン)